スポンサーサイト

  • 2016.07.08 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


秋の夕暮

あたりはすっ辦公室傢俱かり暗くなってしまったけれど、山の方に目をやると、僅かに光が残って赤く映 り、そこへ薄く橙色や黄色がかった雲が横にたなびいている。黒、赤、橙、黄色の色彩が絶妙に調和し、その悲哀的な情景が人を物想いに沈ませて感傷的にす る。秋思を誘う秋の夕暮には、如何しても人生の秋を兼ねたもののあわれを感じさせられてしまうのだ。
清少納言は『枕草子』において他の季節を 「をかし」で括ったのに対し、秋の特徴を「あわれ」と捉え、一日のうちでもそれを感じさせる時間帯は夕暮れであると述べている。もともと秋の夕暮には寂寥 感を抱かDerma 21脫毛せる性質があるのだろう。人を寂しい思いに誘う。陽射しの強い夏から寒い冬へ移行する季節の終わりに近い秋と、昼から夜へ移行する夕暮れの結び付 きは、衰微を予感させ、それに伴う悲哀感を漂わせる。清少納言はそこに一番秋らしさを感じ、「秋は、夕暮」と言い切ったのであろう。
ともかく、 賑やかな夏が終わり、しっとりと更け行く秋の夕暮れには詩があり、歌があり、情緒があり、そして心がある。季節の終焉を惜しむ心情が旅愁と人恋しさを募ら せ、紅く染まり行く風景の変化はやがて迎える落葉を予想させて老いという生命衰微を感じさせる。そんなものを内包した秋の夕暮を題材に万葉時代から多くの 歌が詠まれた。中世以降、高各な「三夕(さDerma 21脫毛 んせき)の歌」に代表されるように、秋の夕暮は日本人の美意識の一つと言っていいだろう。




「三夕の歌」は秋の夕暮れと結ばれた三首の名歌で、『新古今和歌集』に収録されている。いずれの歌にも、秋の夕暮れというしみじみとした侘しさ、寂しさがこみ上げてくる。
「寂しさは その色としも なかりけり 槙立つ山の 秋の夕暮れ」 (寂蓮法師)
「心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫立つ沢の 秋の夕暮れ」 (西行法師)
「見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ」 (藤原定家)
  秋という寂寥感漂う季節と平家の栄枯盛衰を思い併せれば容易に現代語に訳せると思うが、新古今集の中で思いみるべきは、仏教の我が国への浸透による無常観 の影響である。無常観に基づく「もののあはれ」という基調が「秋の夕暮れ」の気配と調和して、それぞれの歌の世界が描出されたものと思える。その頃は題詠 という技法が主流で、予め主題を決めてそれに沿った歌を詠んだ。この「三夕の歌」も実際その場所に赴いて詠んだものではなく、京の都の邸宅に身を置きなが ら、“秋はかく有りなん” という観念に即した景色を想い描いて歌に詠み込んだのだろう。日本の美意識の侘び、寂びも、秋の夕暮れの情趣を感じ取れる者にこそ理解できるものなのかも 知れない。私たちもそんな四季の風情を感取する心は決して失いたくないものである。

忘記了融入人群中的感覺

只是,在靈魂的最深處,卻依然固執的守著自己的一片天地,自己走不出,別人也進不來。一個人呆的時間長了,也就習慣了,不在需要時刻有人呆在我身邊。慢慢學會長大,在自己力所能及的範圍內,想自己所想的,做自己想做的。時間真的很奇妙,讓淺的記憶越來越淺,深的記憶越來越深。在生澀的青春歲月裡,留住的是回憶,逝去的是年華,蹉跎的是歲月,留不住的是懵懂的心意急救產品

還沒有經歷生活的洗禮,卻彷彿已歷盡滄桑。飄的太久,盬関熷姠太累,才想要靠岸;等的倦了,累了,才想要依靠,生活成全了人生存,也迫使人妥協。走過的路,遇到的人,經歷的事,一路的風景,一路的心酸。也許未來,還有更多的未知等待開採,但,只要用心去感知,生活應該不會太枯燥,反而更精彩醫療用品

看得多了,想得久了,才發現一直在意的,是自己的執著,解不開的,使自己的心結。命裡有時終需有,命裡無時莫強求,這麼淺顯的道理,是自己一直可以迴避不願面對的吧!

好久沒有這麼安靜的獨處了,感覺就像回到了過去的歲月,放而自己就像一個過客一樣,演繹自己的悲歡離合,靜靜的感受心底的顫動。也許,就在某個不經意的瞬間,埋在心底深處的記憶觸動了某處敏感的神經一樣,微微戰栗卻甘之如飴急救用品

長時間在外漂泊,幾乎忘記了回家的時間。家,是永恆的思念,亦是靈魂的歸宿。回家,不是不想,而是不敢。回家的念頭一起,就會像瘋長的野草,一旦有了萌芽,就再也無法根除,一發不可收只怕,今夜又是一個無眠夜!

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM